フロッシュのケーキ

先日のブログに、7周年パーティーのことを書いた、

Café フロッシュ。

パーティー当日に私が撮っていなかったケーキの写真を

フロッシュさんから拝借~

7匹のカエルクッキー(上のアイシングは緑茶で)とかわいいお花を飾った

デコレーションでした。

残念ながら、私はバスの時間があったので途中で退出してしまいまして

最後、みんなでこのケーキを食べる場面には居合わせなかったのですが

みなさん、おいしいと言ってくれていたそうです。

普段、デコレーションケーキってあまり作らないですが

やはりパーティーや人がたくさん集まる機会には

こういうケーキがあるだけで、雰囲気がでますよね~。

これも、ベースはキャロットケーキ。

みなさんも、ちょっと特別な日には

いつものケーキに少しおめかし、やってみてくださいね!

 

そして、この日用意されていた軽食の中に

ケーキがありました。こちら。↓

何ケーキかしら??と思いつつ、お皿にひとついただきまして

でも、一口食べるとすぐにわかりました、

オレンジのと~~ってもいい香りがお口いっぱいに広がるケーキ。

生地もとってもしっとりしていておいし~い!

お味はもちろんですが、

60センチくらいはあろうかという大きなバットで焼き上げて

それを一人サイズにカットして出す、という

まさにこういうパーティー時にピッタリなやり方に

じつはとても感動していました。

あんな大きな型で、こんなにしっとりと焼き上げるのって

難しいと思うのですよ、、、

表面に、しっかり焼き色がついているのがわかりますよね?

こんなにしっかり色がつくまで焼いているということは

けっこう長い時間オーブンに入れていたと思うのですが

でも、全然パサッとしたかんじもなく、ちょうどいい。

な~んてことを考えながら食べてました、笑

 

後で聞いたら

このケーキはグルテンフリー(小麦粉を使っていない)だそうで

あ~~なるほどね、と納得。

代わりに何を使うのかと言うと

贅沢にたっぷりのアーモンドパウダーを使うのです。

ヨーロッパのケーキに時々あるやり方です。

でも、このしっとり感と風味はそのせいだけではなく

たっぷりのオレンジが使われていることも教えてもらいました。

皮ごとぜ~んぶ、ほんとにまるごとのオレンジが4個も入っているんだそうです。

このケーキは

フロッシュのスタッフでもある、アイルランド人のロビンちゃんが焼いたもので

作り方の説明を聞いていると

いままでに聞いたことない作り方でびっくり。

まだまだ知らないケーキもいろいろあるんだなぁ~って

お勉強!です。

このオレンジケーキ、材料がまだ残っていたらしく

しばらくの間フロッシュで食べれるそうですよ。

気になる方はぜひ。

 

オレンジケーキ以外にも

タルトやチョコレートケーキ、チーズケーキなど

ここのケーキはすべて手づくりで

お店のオーブンで焼いていらっしゃいます。 

 

上に乗っているピールは、店主、すみさんのお母さんのてづくりだそう。

このピールも、とってもおいしかったです!