フロッシュのパン

フロッシュネタつづき、ということで

今日はパンについて。

また今度行ったときに、パンの写真を撮って来てから書こうと思っていましたが

いつになるか分からないので、笑

フロッシュさんのお写真を拝借してご紹介することにしますね。

 

というのも

 

フロッシュはパン屋さんではなく、カフェなので

毎日パンがあるわけではないのです。

パンの販売をされているのは、水曜日と日曜日のみ。

麹から起こした酵母で焼かれたそのパンは

白くてふわふわやわらかいパンではなく、

見るからにずっしりと、目の詰まったパンです。

なので、薄めにスライスしていただきます。

”目の詰まった”というのは、なんだか硬そうな、もそもそしたパンを想像させてしまう言葉ですが

そうではなくて

かみしめるごとにそのおいしさをじんわりとかんじるような、

そんなパンです。

食パンとイチジククルミパンの2種類が定番でしたが

去年から、"ドイツパン" というのが新たに加わり、

(上の写真が"ドイツパン")

ヒマワリの種などが入ったこのパンは、

だいたい、買って帰ると

翌朝まで待てません。

一切れだけ、、、と思っても、止まりません、笑

もう一つの新顔、じゃがいもパン ↑ は

たまにしか登場しないレア商品で

いまだに私も出会えていないのですが、、、食べてみたい!

 

パンの販売は水曜日と日曜日だけですが

カフェでは、ほかの曜日でもいただくことができます。

スープやおかずがセットになったパンプレートや

サンドイッチなど。

 

京都は、パン屋さんが多い方だと思うので

私の自転車圏内にも

今日はどこで買おうかと、選べるほどたくさんお店があります。

だいたいどこも美味しいんだと思うけれど

ここのこれをまた食べたい!と思うパンは

そんなにたくさんはないです。

どうしてもまた食べたくなる味。

それって、好みもあるので人によって違うと思いますが

フロッシュのパンは、私の中では

そんなパンです。

 

お店の場所は、西陣。

北野天満宮の近くです。

気になる方は、ぜひ一度、行ってみてくださいね~。(金曜定休)