理想の味を追い求める

私は、性格的には”面倒くさがり"なほうなんですが

タイトルにも書いた、

”理想の味を追い求める” ことに関しては

面倒くさがることなく、がんばる方だと思います。

 

ケーキの事は置いといて、

今日はジャムの話。

 

ジャムは、時々自分でも作りますが

最近は、いろ~んなものが売られていますよね。

ほんとにいろいろありすぎて、どれがおいしいんだろう、、、と

買いに行っても、迷ってしまいますね。

手作りのジャムも、マーケットなどでよく見かけます。

海外のファーマーズマーケットでも

ジャム屋さんは、必ずいる気がします。

しかも、一つのマーケットに何人も。

それぞれが、自分のやり方で作っているんだろうと思います。

知り合いの農家さんのところで採れた、オーガニックフルーツで作っていたり

スパイスやお酒を使って、ちょっと面白いフレーバーにしていたり

果肉を大きめに残した、具だくさんだったり

お砂糖を控えめにしていたり。

 

マーケットで、いろんなジャム屋さんを見て回るのは

とても楽しいです。

(↑ 上の写真は、去年行ったサンタバーバラのマーケットで)

 

で、今日書きたいのは

ベーコンジャムの話です。

ベーコンジャム?? ベーコンの、ジャム???

とお思いでしょうが、

そうです、あのベーコン。

アメリカでは、フルーツ以外のいろんなジャムも売られていて

以前から、それらにとても興味津々でした。

ベーコンジャム、玉ねぎジャム、トマトジャム、など

見つけるたびに、どんな味かしら?と

買ってみて食べてみる。

そんな発見も、海外へ行くときの楽しみのひとつです。

 

そんな中、

去年の夏にベルリンに行ったとき

ある日、また私はファーマーズマーケットへ出かけていました。

Bio (オーガニック)のものばかりが集まったそのマーケットはとっても楽しくて

何もかもがおいしそう!!と

大興奮!

通りを何度も何度も行ったり来たり、歩いていました。

その時見つけた、1件のジャム屋さん。

おじさんがひとり、立っていました。

そんなにたくさんの種類はなくて、こじんまりしたお店。

たくさんのジャムが山積みにされているお店よりも

こういうお店に興味がわきます。

きっと、小さな工房で、ひとりで作ってたりするのかな、なんて想像して。

 

近づいていくと、目が合って、ニコッと微笑んでくれました。

そのジャム屋さんは

種類は少ないけれど、おっ、と思うような味のものが多くて

”これが気になる!”と言うと、味見をさせてくれました。

そこで、

おっ!どころではなく

おおおっ!!! とびっくりおいしかったのが

ベーコンジャムだったのです。

今までに食べたことのあったベーコンジャムの中で

いちばんでした。

わたしは、大きいほうの瓶のベーコンジャムを買って(その他にも買いましたけど、笑)

日本に帰ってきた後も、なくなってしまうのが惜しくて

ちびちびと食べていました、笑

 

こういうの!こういうのが自分で作れたらいいなぁ~

そしたらちびちび食べずにすむなぁ~笑

 

それから、たくさんレシピを見て、探しました。

ベーコンジャムにもいろんなレシピがあり、

材料なども、レシピによって違いがあります。

あのときベルリンで買ったベーコンジャムに近い味になりそうなレシピを

いくつか探し当てて、作ってみたりして

できましたよ、似たような味が。

(手前がベーコンジャムです)

 

かなり近づきました、あの時の味に。

こういうのができると、ものすごい達成感!笑

まさに手作りの楽しさ、ですね。

 

先日、ブログで

夏休み② がある??と書きましたが

今年の夏休み②は、ベルリンへ。

去年に引き続き、今年も行くことにしました。

なので、絶対にまたこのジャム屋さんへ行きたいなぁ~と思います。

おじさん、まだいるかな。

(いや、よく思い出すと、お兄さん、だったかも、、、笑)