私のフォカッチャ

昨日、尾道のパン屋さん、航路 の話を書きましたが

話の途中にちょろっと出てきた、フォカッチャ。

 

パン屋 航路の秀平さんが京都にいたころ、

秀平さんの焼くフォカッチャが大好きで、

ちょくちょく買って、食べていた私。

もともと、フォカッチャ自体が好きなので、パン屋さんで見つけると買ってしまうんですが

いまだに、私の中で堂々の1位に君臨するのは

秀平さんのフォカッチャです。

他のお店のフォカッチャと、いったい何が違うのだろうか、、、と

ずっと思っていました。

 

そして、秀平さんが京都を離れて尾道に行くことになったとき

秀平さんが私に

”最後に、教えてほしいケーキが2つある”と言いまして、

それは、チョコレートケーキとラムフルーツケーキでした。

私が秀平さんのフォカッチャが大好きなように

秀平さんは私のチョコレートケーキとラムフルーツケーキが大好きだと思ってくれていたようで、

その作り方が知りたい、と。

そこで私は、”いいですよ、その代わり、私はフォカッチャ習いたいです!”

なんていう事を言ってみたんですね~。

そしたらそしたら

秀平さんも"いいよ~!"と言ってくれまして、

お互いに、教え合うことになりました。

 

秀平さんは、快くオッケーしてくれましたが

私にとっては

きゃ~きゃ~きゃ~!!!と大騒ぎするようなことでして、笑

秀平さんが尾道に行っちゃったら

このフォカッチャが食べれなくなる、、、と思っていたけど

習ったら作れるじゃないか!と

ものすごくテンションが上がったのです。

(まぁ、秀平さんと全く同じように焼けるかどうかは置いといて)

 

そうやって、教えてもらったフォカッチャ。

この写真は、私が焼いたものですが。

 

そうそう、これこれ。

ときどきやっぱり食べたくなって、焼くんですよね~。

パン屋さんって、生地をこねるのにミキシングマシンを使うところがほとんどでしょうけど、このフォカッチャは

私が家でも焼けるように、と

秀平さんが”マシンなしで作れるバージョン" に改良して教えてくれたレシピ。

教えてもらったのは、もう5年くらい前だと思いますが

今でもこうして時々、焼きます。

本を見ながら、いろんなパンを焼いてみたりもするけれど

フォカッチャだけは、このレシピで焼きます。

 

”この人のこれじゃなきゃ。"

というものがあるって、プロとして最高だと思います。

きっとみなさんも、いろいろありますよね?

やっぱ、ここのこれがうまいんだよ、っていうこと。

なぜかというと、

今の世の中、おいしいものってたくさんあるからです。

おいしいパン屋さんだって、いっぱいあるの。

どこで買っても、ちゃんと作っているところであればそこそこおいしい。

でも、そんな中で

やっぱ、ここのこれじゃないと!って思わせるものを作れるって

素晴らしいことだと思います。

それこそ、プロの仕事だなぁ~と思うのです。

 

これからも、このフォカッチャのレシピは

大事に大事に、作り続けたいと思います。

 

あ、最後に

昨日ご紹介した秀平さんの新しいお店、広島市にできるベーグル屋さんですが

いま、オープニングスタッフを募集していらっしゃいます。

もしこのブログを読んでくださっている人で、広島市にお住まいで、

たまたま今仕事を探していて、パンや焼き菓子が大好きで、という方がいらっしゃったら(そんな都合のいいことあるかな、笑)

ぜひ、パン屋 航路 に問い合わせてみてくださいね。

東京にお住まいで、どこか地方へ引っ越したいなと思っている方、

これを機に広島に移住、ってのもアリ??な~んてね。