試作の繰り返し

実はここのところ、

毎日毎日、空いた時間を見つけてはハーミッツを焼いておりました。

12月のレッスンメニュー、ハーミッツです。

 

もうすぐレッスンが始まるのに

今ごろ試作??なわけではないのですが

わたしによくある、深みにはまって止まらなくなる現象、です。笑

 

どういうことかと言いますと

例えば、チョコチップクッキー。

先日もブログに書いた、アメリカの定番クッキーですね。

チョコチップクッキーは、定番だからこそ

アメリカンベイキングのレシピ本には

必ずといっていいほど、載っています。

この本にも、あの本にも、どの本にも、そして、ネットで検索しても

レシピはどんどん出てきます。

そんな時、まずわたしが思うのは

このたくさんのレシピの中で、どれがいちばんおいしいんだろう、、、です。

みなさんもそうでしょうか~?

レシピを見比べ見ても

使う材料はほとんど一緒、

分量がビミョーに違う、、、

こっちはバターが100グラム、こっちは120グラム、、、

こっちは小麦粉が200グラム、こっちは230グラム、、、

てな感じです。

こういうシチュエーションになってしまうと

わたしはどんどん、どんどん考えてしまう傾向にあって(昔からかな~)

このバター20グラムの差は、どういう理由なんだろう、、、

焼き上がりがどう変わってくるんだろう、、、

ベーキングパウダー小さじ1/4と1/2では、どう違うんだろう、、、

同じバター100グラムで小麦粉が200グラムと230グラムだとどう変わるかな、、、

ね、エンドレスです。

そして、一度思い浮かんだ?は

解決しないとすっきりしない。調べても書いてないことはやってみるしかない。

 

といった具合に、はまっていくのです。

そして最近は、ハーミッツのそれに、はまっていたのですね、、、

もともとおいしいレシピはいくつか手元にあって、

でも、ハーミッツはわたしにとっても

そう頻繁に焼くお菓子ではないので

レッスンでやろうと決めてから久しぶりに焼いて

うん、おいしい、、けど

もうちょっとこうしたらどうなるかな、、

ここ、変えてみたらもっとしっとりなるかな、、、と

いろいろと試してみたくなったのです。

そして先日。

 

いままででいちばん納得なハーミッツが出来上がりました。

 

こうして、細かいことを調整しながら試作をすると

とっても勉強になります。

なんでこうなるんだろ??と思ったことを追及することで

新たに知ることが、、たくさんあります。

これって、先生やってるおかげです。

生徒さんに教える立場のわたしは

何を聞かれても、答えられるように、と

いつも心がけていますので

自分が作ってみて疑問に思うことは

生徒さんだって、疑問に思うと思うのです。

 

癖になりそうなお味のハーミッツ。

ご予約くださっているみなさm、どうぞお楽しみに!

 

そして、12月の入ったので

1月のレッスンメニューとスケジュールをアップしなきゃ、なんですが

2、3日中にはできると思います。

しばしお待ちくださいませ。