ハンナのレッスンの様子

先日のハンナのレッスンに参加してくださった生徒さんが

写真を送ってくださったのでご紹介したいと思います。

型抜きでは、生地の扱いやすさにびっくり。

今回のように、卵やミルクやバターを使う生地って、扱いにくそうだな~という

イメージがあったのですが

全然そんなことなくてとてもやりやすかったです。

揚げたて、さっくりおいしそう~

きっと家だと、みなさん揚げながらパクッといくんでしょうけど、笑

レッスンなので一応手出さず、、、という風に見えたので

私がハンナに”味見していい?”と率先して聞きました、笑

アイシングもお砂糖もまぶさずに

ただ揚げただけのシンプルなほうが私は好きかな~と思っていましたが

この生地、ほとんど甘くないので

アイシングをかけて仕上げて、ちょうどいい甘さ。

チョコレートアイシングも、甘ったるくなくとってもおいしくできました。

カラースプレーで可愛く、アニメに出てくるドーナッツみたいに仕上げたいね~とハンナが言っていたので

カラースプレーを用意しておりましたが

うんうん、やはり

こうして写真を撮ったときに可愛いですね。

そして、急きょやってみた”チョコレートアイシング + スモークソルト”というのが

とっても好評でした。

 

そして試食タイムには

やっぱ、ドーナッツにはコーヒーがないと!ということで

お向かいのコーヒー屋さん”タビノネ” に、デリバリーをお願いしておりました。

お向かいにコーヒー屋さんがあってよかった!笑

オーナーさんのチョイスは、マンデリンでした。ナイスです。

 

今年のレッスンは

去年ほど緊張せずに、とってもスムーズにできました。(私が!)

去年は、レッスンの予定を組んで、ご予約もたくさんいただいて

レッスンの日を心待ちにしてはおりましたが

ハンナと実際に初めて会うのが、レッスンの2日前、、、とかそんな感じでしたので

(それまでは、メールでのやり取りのみでしたから)

すっごくドキドキしていたのです、じつは。

きっと、ハンナも同じ気持ち、、、いやいや、

彼女のほうが緊張していたでしょうね~

だって、異国の地で、初めて会うわたしと

一緒にクラスをやるなんて。

材料だって、いつも自分が使っているものと全く同じわけではないし、

慣れないキッチンだし。

 

でも、今年は

場所も、新しくできた私のお店を使えたし

ハンナと私も、会うの4回目だし

すべてがとてもスムーズでした。

 

これは、試作の時の写真。

 

ハンナとは、今回

約1年ぶりに会ったのですが

いつも、私は彼女が書いている記事や、彼女が撮っているフードチャンネルのビデオを見ているので

あまり久しぶりな気はしなくて

そして、一から説明しなくても

普段どんな仕事をしているのか、だいたいわかっていました。

ハンナもきっとそうで、

私のインスタグラムやフェイスブックで

わたしが普段どんなお菓子を焼いているか、どんなお菓子をレッスンしているか

知ってくれていたと思います。

便利な世の中!

 

彼女は普段、

食関係の仕事をしているいろんな人のところへ出向いたり、

はたまた、自分のキッチンに(自宅)招いたりして

料理、お菓子、ドリンクなど

様々なジャンルのレシピやその背景にあるストーリーを紹介したりしています。

人気のタコスのフードカートの中に潜入取材!どうやってこのタコスはできてるか、とか

庭でそだてている鶏の卵を取ってきてお料理に使うと同時に、

どうやってニューヨークという都会で、鶏を飼って生活しているか、とか

時には日本の食べ物も紹介しています。

お好み焼きやコロッケ、味噌作りまで!

 

わたしは”アメリカンケーキ”という

かなり狭いジャンルに特化して、それをより深く深く、、、というスタイルですが

ハンナは逆に、

いろんなジャンルの、多国籍なものを、幅広く。

でも、だからと言って

それぞれが浅いわけでもなく、ちゃんとリサーチされているので

いつもすごいな~~と感心しています。

今回もそう。

パンを専門に勉強しているわけではないけれど

”イースト生地のドーナッツ、できる?”と聞くと

"もちろんできるよ!" という答えが、すぐに返ってきたし

実際に教えてくれたレシピは

とっても作りやすくておいしいものでした。

 

 

ハンナは今回、6週間の日本滞在。

その間に食べてみたいもの、作ってみたいもの、行ってみたい場所が

たくさんあるようです。

ちょうど昨日、石川県に移動して

"Onsen! Onsen!" と楽しみにしているようでした。

 

私も、1か月くらいアメリカに滞在している時などは

毎日が発見の連続で、

試してみたい食材を見つけたり、おいしいベーカリーを見つけたり

お友達ができたり、

とても充実した日々を過ごして

それは、日本に帰ってきた後もずっと

いろんなシーンでわたしに影響を与えてくれます。

たくさんのインスピレーションをくれます。

きっとそんな濃い時間を、今ハンナは過ごしているんだろうし

彼女は、いくらでも新しいことを吸収できる柔軟性のある、とっても素敵な人だと

改めて思いました。

柔軟でいることって、大事ですね。

 

わたしは

さっそく昨日、ハンナが教えてくれたドーナッツのレシピを

全粒粉を使って作ってみました。

うまくいってるかな、今日のお楽しみ。

 

ハンナのレッスンは

4月2日にも、もう一度開催します。

興味のある方はご連絡ください、あと2名ほど空きがありますよ。

(メニューはホームページのmenuをご覧ください)

 

あ~~~

4月のレッスンもまたたのしみ!!