復習

ハンナが教えてくれたドーナッツを

早速復習しました。

全粒粉でもいけるかな?

白いお砂糖じゃなくて黒糖でもいけるかな??

 

と、

わたしはつい、茶色いものを使いたくなってしまうので、笑

ちょっとアレンジしてやってみました。

 

こういうのって、

今度いつか時間のある時にやろう~と思っていても

その"いつか"は、たいがいやってこない、ということを

私は知っていますので、笑

すぐやりました。

 

生地の状態は、ハンナの時とほぼ同じ。

うまくいきそうな予感です。

ちょっと粒粒した感じ、わかります?

これ、全粒粉。

いいかんじ、いいかんじ。

発酵加減もちょうどよかったみたいです。

 

この素朴なかんじがまたいいですね~。

生地はやはりほとんど甘くなく、

このままでもシンプルでおいしいですが、グレイズまでやってみました。

べっとり甘々にならないように薄~くかけた、メープルグレイズ。

こういうのって、

メープルシロップのおいしさが引き立ちます。

 

もちろん、揚げたてできたてを

お皿にも乗せず、そのまま食べましたけどね!

 

そしてこれも。

この生地を

揚げずに焼いたらどうかしら?と思って

ドーナッツの型抜いた穴と残り生地は

そのままオーブンで焼いてみました。

これも、しっとり柔らかく、おいしく焼きあがりましたよ~。

ドーナッツ習ったみなさま、揚げるのちょっと面倒、、、というときは

焼くのもおすすめです。

 

と、

実験的にいろいろやってみるのって面白いですね~。

今度はライ麦でやってみようかと。

 

それから、もひとつ!

ただの丸いパンなんですが、

これは、ハンナがくれた”サワードウ"で焼きました。

 

サワードウと言うのは

いわゆる”天然酵母”です。

粉から起こした天然酵母で、

ポートランドのローラも、アイビーも、自分のサワードウを持っていたし

私がアメリカで出会った手づくり好きな人は

当然のように自分のサワードウを持っていました。

 

ハンナは、自分が育てているサワードウを

ニューヨークから持ってきていて(!)

それを私に分けてくれたのです。

ベースができているから、

私はそれにエサ(材料)をあげながら、使いながら、

かけつぎして育てていけばいいわけです。

わぁーい!うれし~~

というわけで、

早速、とりあえず一度やいてみよう、と作ったのがこれです。

 

レシピ引っ張り出してきて適当にやってみたけど

おいしくできてびっくり。

いつも焼いていたパンとは、風味が違う。香りが違う。

なんか、独特のいい香りがします。

 

ハンナのサワードウ、

大事に育てていこう~っと。

 

新しいことをやってみるのは

うまくいかないときもあるけど、楽しいです。

 

明日の営業のお知らせ

3月16日(木)は

10:30-12:00、13:30-15:00はレッスンのためクローズ、

その後16:00までです。

3月のお休みは

19日、23日、24日、28日です。