オーガニックがいっぱい

本日より、

9月のレッスン、オールドファッション ドーナッツケーキのご予約受付が始まっております。

(内容詳細は昨日16日のブログをご覧ください)

 

きょう、メールをいただきました方には

すべて返信させていただきましたので

もし、メールしたのに返事がないよ、という方がいらっしゃいましたら

再度お送りくださいますよう、よろしくお願いします。

 

さて。

昨日から始まっております、8月のレッスン、かぼちゃのマフィン。

今日ご参加くださった生徒さんのマフィンです~

 

ぷっくりとおいしそうに焼きあがっていますね!

今月のマフィンは、生地を混ぜているときからもう

かぼちゃの甘い香りがしていて

こりゃあ~ぜったいおいしいだろうよ!という顔をした生地。

 

ほくほくのかぼちゃは

皮ごと全部、使います。

 

かぼちゃ以外、具も何も入っていない

とてもシンプルなマフィンなんですが

かぼちゃならではの風味と、しっとり、でもふんわりな食感と。

そのかぼちゃのいいところを

そのまんま活かして、マフィンにしました~!

そんな焼き菓子です。

ぜひ、おいしいかぼちゃを手に入れて作ってほしいです。

 

こちらは、23日(水)以降、まだご予約承れます。

メールにてお問い合わせくださいませ。

引き続き、29日(火)11:30~のべジビスケットもご予約受付中です。

 

 

 

 

 

 

 

今日のタイトル、”オーガニックがいっぱい"

 

これは、先日まで滞在していたメルボルンのことですが。

 

アメリカ、ポートランドと同じように

メルボルンにも、オーガニック系のスーパーマーケットが

とてもたくさんありました。

アメリカのホールフーズマーケットのように大きなスーパーではないんですが

こじんまりとした、でもオーガニックなものばかり揃ってますよ、なスーパー。

街のあちこちに点在していて

見ているだけでもおもしろいです。

 

なので、歩いていて

そんなスーパーを見つけては、寄ってみて。

そんなことばかりしていました、(やっぱり?笑)

 

店内にあるものすべてが量り売り!というお店もいくつかありました。

粉、穀物、ナッツ、ドライフルーツ、スパイスにハーブ、お砂糖、オイル、

チョコレート、はちみつ、塩、パスタ、シャンプー、

ぜ~んぶ量り売り。

アメリカと、似たような感じではあるんですが

それでも、初めて聞く名前の穀物やお砂糖があったり

食べたことのないドライフルーツがあったり。

 

たとえば

みなさん、クスクスってご存知ですか?

モロッコ料理なんかで出てくる、お米より小さいくらいのサイズのパスタ。

お湯でふやかして食べる、あれです。

小さいものは日本でもよく見ますが

ひよこ豆くらいのサイズのクスクスがあって、

何これーーおっきい!と、びっくり。

いったいどんな食感なんだろう、、、

買って帰ってきているので、早く料理してみなきゃ。

 

 

いろいろじっくり見ていると

ナッツやドライフルーツは ”オーストラリア産” というものが

とても多くあるのに気がつきます。

レーズンなんか、日本ではカリフォルニア産が多く出回っているように思いますが

オーストラリアでも、たくさん作っているんですね~。

しかも、いろんな種類のレーズンを!

 

 

こちらのお店、マーケットで見つけたんですが

ナッツとドライフルーツのお店で

扱っているものすべてがオーガニックで、オーストラリア産。

しかも、

ドライフルーツは、すべて自然干しなんだそう。

 

えーーーすごい!

 

自然干しって、、、簡単ではないですよね??

こんなにちゃんとドライフルーツになるもんなの??

どうやって干しているのか、想像しがたいですが

とにかく、手間暇かけて作られていることには違いないですね~。

全部、試食ができるようになっていたので

いくつか食べてみましたが

どれも、甘みが濃い!

まさに、濃縮された甘さ、うまみ、といったかんじで

とてもおいしかったので、いくつか購入しました~。

たかがレーズン、されどレーズン!

 

 

ナッツも、

マカダミアナッツ、ピーナッツ、ヘーゼルナッツ、など

オーストラリア産のものがいろいろ。

それらを使って作った、ナッツバター(ピーナッツバター、とか)も

よく売られていました。

 

 

でもね~

こんだけオーガニックだらけだからと言って

お安いわけではないのです。やはり、オーガニックのものとそうでないものを比べると

お値段は全然違いますし

オーガニックのナッツやドライフルーツ、穀物などは

日本よりも高いかも?くらいのお値段。

(全体的にオーストラリアは物価が高いようでしたが)

野菜や果物もそうです。

決してお安くはないのです。

 

そんなスーパーやマーケットを見ていて、私が思ったこと。

 

 

 

 

これは、私が自分用に焼いたクッキーですが。

 

今書いたように

オーガニックの材料は、そうでないものに比べるとややお高いので

それを使ってお菓子を作ったり、料理をしたりしようと思うと

当然、コストが高くなります。

良い材料を使うから、その分お金がかかる。

これを、お菓子屋さんの立場で考えると

材料費が高くかかっているから、その分、このお菓子は高い値段で売らないと。

ということになります。

そうやって、いくらで売るかを決めますので

逆に言うと、

使う材料の値段を安く抑えれば

お菓子も、より安くで売れる、ということです。

その辺のことは

商売としてやる場合に、避けて通れないので

絶対に、考えないといけないところです。

 

でも、自分で食べるためのお菓子を焼くとなると

変わってきます。

原価や売値などを気にしなくていいので

良い材料ばかりで作っちゃう!のです。笑

自分用のクッキーには、海外で買ってきたオーガニックのナッツやドライフルーツなど、じゃんじゃん使います。

多少、材料費が高くついても

お菓子屋さんでケーキやクッキーを買うことを思うと

ぜんぜん高くはないと思います。

 

 

お菓子作りに欠かせない、小麦粉。

いつもは1キロ300円くらいのものを使っているとします。

ある時、スーパーで

オーガニックの小麦粉、1キロ600円、というのを見つけたとします。

 

いつもの2倍! たかーーい!

 

と、最初は感じます。

 

でも、

この1キロ300円の差は

自分でお菓子を作るうえで、そんなに大きな差ではないな~と

わたしは思います。

だって、1回のお菓子作りに使う小麦粉って、

200グラムとか、それくらいですもんね~

それでたくさんのクッキーやマフィン、ケーキ1ホールなんかが

焼けちゃうわけですから。

 

 

こんなことを長々と書いて何が言いたいのかというと、笑

 

だからやっぱり私は

お菓子を作って売ることよりも

レッスンで教えることの方が好きなんだなぁ~と

改めて思ったんです、ということです。

 

作り方とおいしいレシピを1度習えば

これから、いくらでも自分で作ることができます。

ちょっと材料にこだわってみると

お店で買ってくるものよりも、ずっとおいしいお菓子ができるかもしれません。

すべて自分で選んだ材料で作っていれば

お子さんにだって、安心して食べさせられます。

 

 

手づくりって

単純に、作ることが楽しい!というのもあると思いますが

使う材料を自分で選べる、ということも

大事なポイント。

 

 

ちょこちょこ気になる食材買ってきているので

これから少しずつ、使ってみるのが楽しみです。

 

 

 

明日から4日間、21日(月)までは

かぼちゃマフィンに加えて、ブルーベリーを使ったスペシャルレッスンも!

この4日間は、いつも10:30~のレッスンが10:00~

13:30~のレッスンが13:00~

になっておりますので

お間違いないよう、よろしくおねがいします~!