アップルチャツネ

きょうは、(やっと!)アップルチャツネのご紹介。

チャツネは、

簡単に言うと

”甘くないジャム” という感じのもので

りんごやプラム、ピーチ、洋ナシ、玉ねぎ、などを使って

ジャムを作る要領で、コトコトお鍋で煮て作ります。

そして、瓶に詰めて保存するので

保存食、の1種ですね。

 

マンゴーチャツネ、は

インド料理でも登場するので

ご存知の方、聞いたことあるわ、という方も多いでしょうか。

 

実は私、

チャツネが大好きでして

海外に行くと必ず

スーパーやファーマーズマーケットなどで、どんなチャツネが売っているか

チェックします。

そして、ハンドメイドの美味しそうなものや、珍しいものを見つけたら

だいたい、買ってしまいます。

 

今までいろいろ試した中でも

わたしは、りんごのチャツネと玉ねぎのチャツネが大好きで

本やウェブサイトでレシピを見つけては

作ってみたりしています。

 

そんな、私が大好きなアップルチャツネを

みなさんにも知ってもらいたくて

今回、レッスンを計画したのですが

チャツネって、いったいどうやって食べるの?という方のために

食べ方の一例をご紹介しますね。

 

パン + アップルチャツネ + ソーセージ

 

アップルチャツネは塩気のものや、豚肉などと相性がいいので

ソーセージはぴったりの相棒です。

パン + チャツネ + ハーブソーセージ風豚ミンチ + チーズ でホットサンド。

 

これは、

先日、長野のりんご園、すけがわさんが送ってくださった

”りんご家"さんのアップルチャツネを使ったホットサンド。

ブラックペッパーとタイムをきかせたひき肉とチーズを一緒に挟んで

ガーリックオイルで両面こんがり~焼きました。

こ、これは、、、

我ながらおいしすぎて危険です、笑

 

アップルチャツネにも

いろいろなレシピがあって

使う材料や、出来上がった様子も

レシピによって微妙に違います。

1枚目の写真は、私が作ったアップルチャツネですが

私のは、わりと果肉の形が残る感じで仕上げていて

レーズンも入っています。

すけがわさんのチャツネは

果肉はあまり残さず、どろっとしたソースのような仕上がりになっていて

りんごのみ。

そして少々ガーリックの風味。

 

味付けも

とっても甘いチャツネもあれば

甘味よりも酸味が強いものもあるし

ペーストのように濃度が濃いものもあります。

ほんと、いろいろ。

作る人の、好みだと思います。

 

なので

私のチャツネは、私好みの味になっているはず。

それを、みなさんが気に入ってくださるかどうかは分からないですが

私は好きです。笑

大好きなんです。

 

しかもこのチャツネを

すけがわさんのおいしいりんごで作れる、ということで

私も、自分用にたくさん仕込むつもりです。

 

こんな感じの説明で

なんとなく、チャツネのイメージがわいたでしょうか??

 

興味のある方は

ぜひ、11月のレッスンで。

コトコト煮ている間の時間には

こうやって食べるのおすすめですよ~の一例を

お出ししようと思います。

 

チャツネのレッスンを受けられる方は

お持ち帰り用のタッパーや瓶などをご持参ください。

容量は400mi程度。レッスン当日、Kathy's Kitchenでも

保存瓶を購入していただけるように準備はしておきますので

買ってその瓶に入れよう~という方は

それもまた良し、です。

 

では、引き続き

11月のレッスン、アップルパイ、アップルチャツネ、ともにご予約受付いたしております。

それから、10月のレッスン、洋ナシのケーキも

まだ空きがございますので

ぜひお問い合わせくださいませ。