デコレーションケーキ

先々週と、今日と

2回にわたって行った、デコレーションケーキのレッスン。

はっきり言って

私は、デコレーションがうまくありません。笑

 

そもそも、製菓学校を卒業しているわけではないので

基本的なデコレーションの技術を、習ったことはありませんし

最初に勤めたアメリカンケーキのお店は

デコレーションケーキはやらないお店でしたので

そこでも、やり方を習う機会はありませんでした。

 

なので、私のやり方は

ほぼ自己流なんですが

いちおう、ベースとなっている経験があります。

 

それは、もう10年以上前になりますが(もうそんな前なんだ、、、と自分でも驚き)

アメリカの小さな田舎町に、1か月ほど滞在したことがありまして

そう、あれは

東京での仕事を辞めて、京都に引っ越してくるまでの間でした。

せっかくアメリカに1か月も居れるので

ケーキ屋さんで働いてみたい、と思ったのです。

お友達のつてで紹介してもらったケーキ屋さんでお世話になることになったのですが

そのお店は

クッキーやブラウニー、パイなどの

いわゆるアメリカンベイキング、な商品はもちろんあったのですが

それよりも、メインの仕事は

デコレーションケーキ作り。

毎週末、たくさんのデコレーションケーキのオーダーが来るような、

そんなお店だったのです。

バースデー、ウエディング、ベイビーシャワー、、、

よくこんだけ毎週、お祝い事あるな、、、というほど

毎週、たくさんの注文が来ていました。

働いているスタッフは

それぞれが、担当の仕事を持っていて

スポンジを焼く人、間にいろいろ挟む人、クリームを塗る人、絞る人、デコレーションする人、文字を書く人、全部担当が決まっていて

自分の担当のこと以外は、やらない。

というか、やってはいけない。

 

私は、長くそこで働くわけではないので

一通りのことをやらせてもらったり、そばで見ていたり。

そこで初めて、アメリカのデコレーションケーキって

こうやって作られているのかぁ、、、と

知ることができたのです。

スポンジケーキに生クリームの、日本によくあるショートケーキのような

デコレーションケーキのやり方とは全く違うので

洋生菓子の技術や知識が何もなかったことが

逆に、私にとっては良かったのだと思います。

アメリカのそのやり方が

すんなりと、入ってきました。

 

当時は、facebookもなかったし

私の携帯電話には、カメラはついていなかったので

いちいち、ポケットからデジカメを取り出して

作ったケーキを撮ったりしていました。

今思うと、たった10年で

だいぶ変わったよね、その辺のところ、、、と

思いますが。笑

 

もしいま、その経験をしているなら

写真撮りまくり

でしょうね~。

 

そのケーキ屋さんで

様々なスタイルのデコレーションケーキを作る現場を

実際に見ることができたのは

後々の私にとって、とても役に立つ経験となり

その後、働くことになった京都の職場では

度々、デコレーションケーキを作っていました。

 

きょうもレッスンをしながら

当時のことを思い出し

写真を探してみました。

 

 

 

出てくる、出てくる、、、笑

 

けっこういろんなデコレーションケーキ作ってるんですね、私。

 

今の私だったら

絶対にやらないであろうすんごい色のもありますが、笑

自分でデコレーションするのって

創作の楽しみがありますよね~

必要なのは、技術よりも、アイディア。

アイディアさえあれば、上の写真たちのように楽しいケーキが作れますから。

 

基本的には、焼きっぱなしの素朴なケーキが大好きな私ですが

ちょっと特別な時には

やはり、こういう楽しいケーキもいいと思います!

 

今回は

開催日程が少なかったですが

また、機会があればいつか、、、やるかも?です。笑

 

 

ただ今、11月のレッスン、アップルパイのご予約

絶賛受付中でございます~!

そして、併せてアップルチャツネもまだ空きがございますので

ぜひお問い合わせくださいませ。