少しずつの積み重ね

昨日は、おやすみをいただきまして

こちらの、ライブハウスへ。

 

私の習い事のひとつ、ゴスペルの

クリスマスライブでした。

 

夏前から

このライブのための曲をずっと練習してきて

それをみなさんの前で披露する機会でした~!

 

ゴスペルのレッスンの日は

仕事はお休みにして

できるだけ休まずに、レッスンに参加しよう~と

やってきた、この1年。

朝起きて、なんだか今日はしんどいなぁ~家でゆっくりしてたいなぁ~という日も

いやいや、行くぞ!!と

自分に気合を入れて、レッスンに向かいました。

、、、と言っても

そんな日はまれで

ほとんどいつも、レッスンの前日から

楽しみにしているんですけどね~!

 

べつにね、たいして歌がうまいわけではないけれど

大きな声で、思いっきり歌うって

気持ちがいいんですよね~。

 

 

でも、レッスンでは

ただ集まって適当に歌うだけではないので

ちゃんと、課題曲があるんですね。

 

もともと知っている曲ばかりではないので

まずは、何度も聴いて、曲を覚えることからスタート。

 

今回のクリスマスライブで歌った曲の中に

歌詞もリズムも音程も、とても難しい曲があって

はじめてその歌詞をもらって、音源を聞いた時

 

"これ、、、わたしたち歌えるようになるんやろうか、、、"と思ったのを

はっきりと覚えています。笑

早口言葉のようなこの歌詞を

つまずくことなく、すらすらと

しかも、言うんじゃなくて

歌うんですからねぇ、、、

暗記ですからねぇ、、、

英語ですからねぇ、、、笑

 

それからというもの

自転車をこいでるときは、必ず口ずさむようにし

何度も何度も、呪文のように唱え続けました。笑

きっと、同じグループのほかのみなさんも

そうやって、練習していらっしゃったと思います。

 

そうすると

 

 

言えるようになるもんですね~

覚えられるもんですねぇ~

頭で考えて、思い出そうとしなくても

歌詞がすらすらと、口から出てくるようになりました。

反復ってすごい!!

ハモるところも、つられることなく歌えるようになったし

そうして、

無事にクリスマスライブを終えたのでした。

 

 

 

 

4か月前には

こんな難しい曲、上手に歌えるようになるんかいな~ムリちやうかなぁ、、、と

思っていたことが

ちゃーんとできるようになって

こういうのって、

例えば、ライブの前に

急に集中して1日何時間も練習したって

きっとできないことだろうと思います。

4か月かけて

少しずつ、じわじわと身についたもの。

だからでしょうか、ライブ前に

途中で歌詞忘れちゃったらどうしよう、、、とかいう不安がまったくありませんでした。

 

それに

最終的に、このライブステージでうまく歌えればそれでいい、というわけじゃなくて

わたしは、習い事としてやっているわけですから

毎回、レッスンに通ってそこで楽しく歌うことのほうが大事。

いつもいつも、レッスンからの帰り道は

なんだかすごくいい気分で

毎回、ゴスペルやっててよかったなぁ~と

思うのです。

 

これからも、少しずつでいいから

より気持ちよく歌えるように、より楽しく歌えるように

通い続けたいな~と思います。

 

大好きな習い事があるって

幸せなことです。